2015年入社
穗坂 暁秀
摂津配送センター

多くの人が関わる業務なので確認することは怠らない

物流業界に関して、漠然としたイメージは持っていましたが、実際に入社してみて部門が多いということに驚きました。配車、傭車、品質管理、商品管理、組立などのほかにもいろんな部門があり物流の仕事のイメージが大きく変わりました。

さらに、オカムラ物流ではオカムラの製品を中心に取り扱っているので、生産段階から納品までには多くの人がかかわっています。その一つでも伝達を間違うと、お客様の手元に製品が届きません。ですからひとつひとつ丁寧に「確認」しながら業務に取り組んでいます。

また、物流業界は体育会系の雰囲気で上下関係が大変厳しいものだと思い、当初は緊張していましたが、想像していたような体育会の雰囲気ではなく、働きやすい楽しく職場であると入社してから強く感じました。

Q.1
業務内容を教えて下さい

現在は、管理担当で主に入荷・組立・PC製品(社外製品)の管理をしています。

自倉庫の出荷負荷を見ながら、大型物件分の送品については特に、綾瀬物流センターや鶴見物流センターなどの上流倉庫の担当者と相談し、入荷の日程や車両台数などを調整します。そうすることで倉庫の現場作業負荷を軽減させることができ、倉庫内での組み立てや出荷する製品の手配(組立計画や作業指示)、社外製品の入出荷管理を円滑にすすめることが可能になります。

Q.2
オカムラ物流を選んだ理由は?

学生時代は、食品添加物について学んでいたので、就職活動中も食品関係の会社にしか興味を持っていませんでした。しかし、学内で行われた企業説明会でオカムラ物流のブースがあり、あまり馴染みのない業界でしたが、話を聞いてみたところオカムラ(当時:岡村製作所)のオフィス家具の配送会社だと知りました。

オカムラは学校の近くに工場があったため、大きい会社だという認識はもっていました。その説明会で、オカムラグループは生産から配送までを一貫して行っており、モノがヒトのもとへ届くプロセスには、多くの人がかかわるのだということを知りました。もともと興味を持っていた分野とは違いましたが、新しいことにチャレンジしたいと思い、オカムラ物流への入社を決めました。

Q.3
辛いと思うこと、うれしいと思うこと

配属されたばかりの時期は、現場作業者から質問されても答えることができませんでした。しかし、仕事に慣れてくると現場から無線で呼ばれる回数が増えるとともに、改善の要望や相談を受けることが多くなり、それらを改善することができた時にやりがいを感じることができます。

Q.4
プライベートと仕事のバランスについて

私の部署では、平日でも上司が定時内で帰れるように気にかけてくれるので仕事後の時間もしっかりとプライベートの時間が取れています。また、労働組合がしっかりしているので社内イベントも充実しています。

休みの日には趣味のアメリカンフットボールをやっているのですが、平日の業務後でもしっかりとトレーニングの時間が確保でき、ケガもなく休みを満喫することができています。

Q.5
会社への要望は?

物流に関する基本的な知識がついてきたので、他社や海外の物流倉庫などで働く同世代の人たちと交流し、新たな視点で自分の業務について考えてみる機会がほしいと思います。

Q.6
今後チャレンジしたい事は?

入社し2年が経ち、配送の業務にも慣れてきたので、会社として力を入れているLE改善業務にもチャレンジしていこうと思います。また、倉庫内の現場作業者と相談し倉庫内の無駄をなくしていけるように努力していきたいと思います。

MESSAGE
2015年入社 穗坂 暁秀 摂津配送センター

ひとつの業界に絞らず、多くの業界に興味を持つことも大切だと思います。学生生活ではなかなか出会うことのない物流業界ですが、オカムラ物流には様々な部門があり自分のやりたいと思える仕事がきっと見つかります。新しいことをしてみたいと思っている皆さん、ぜひチャレンジしてみてください。

最近見たページ